決める

決める

3日目の目的は、試作するにふさわしいストーリーを絞り込むことです。

3-3:前提とテストの方法を決める。

デザインスプリント実践ワークショップデザインスプリント実践ワークショップ■投票数の多いストーリーボードをもとに「テストで何を学びたいか=前提とテストしたい事柄」を定める。

ここでは、5日目でテストしたい事柄を決めるため、前提を明らかにすることが大切。つまり、ユーザーがどんな行動をしたら「予想通り」で、どんな行動をしたら「予想外」なのか、テストの「軸」を決めること。

ユーザー前提:
いらない服が思った以上の金額で売れることがわかれば、売りたくなるユーザーは存在する。

テストする事柄:
ユーザー登録をすることで、服がいくらで売れるか分かるなら、アクションをする。

Facebooktwittergoogle_plus

なるほど!と思ったら、すぐシェア♪

新サービス 開発加速会議

「デザインスプリント実践プロジェクト『ファッション断捨離』」

デザインスプリントを使って実際にサービスをローンチさせる未到のプロジェクト。