理解する

理解する

デザインスプリント1日目の目的は、メンバー全員の知識や見解をディスカッションして共有し、ビジネスやサービスに対する問題点・課題を明らかにして、メンバー内で現状の理解を一致させるところにある。

1-4:ユーザーストーリーを決める

デザインスプリント実践ワークショップ■ユーザーストーリーはまず「三段構成」で表すこと。

ユーザーストーリーからユーザーストーリーマップへ

ユーザーストーリー(左上)をまず文章の流れ通りフロー図にし(右下)、次にユーザーの動きや導線をイメージして前後を入れ替えたり、新しいアクションを加えたりして最適化(右中央)する。

デザインスプリント スプリントウィーク1日目 ユーザーストーリーマップ■左上段がユーザーストーリー、右がユーザーストリーマップ。

ユーザーストーリーマップは、ユーザーの自然な動きや導線を意識してフローの前後を調整する。

デザインスプリント 1日目 ユーザーストーリーマップ■ユーザーストーリーマップの完成版(右遷移図)
Facebooktwittergoogle_plus

なるほど!と思ったら、すぐシェア♪

新サービス 開発加速会議

「デザインスプリント実践プロジェクト『ファッション断捨離』」

デザインスプリントを使って実際にサービスをローンチさせる未到のプロジェクト。